白鯨との闘い、バケモノクジラとの壮絶な海難事故の実際にあった話

2015年12月11日

おいおい...ウソでしょ...、と言いたくなるような、信じられない巨大な白鯨と、それを仕留めるべく海に向かった捕鯨船エセックス号の実話です。

白鯨との闘い、バケモノクジラとの壮絶な海難事故の実際にあった話
(c)O2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED.

映画「白鯨との闘い」は、名著「白鯨」を原作に、この本には書かれていなかったもう1歩先の真実まで描かれています。

映画 白鯨との闘い、あらすじ

一等航海士のオーウェンは、21人の仲間と共に捕鯨船エセックス号に乗って、大海原に向かった。しかし、彼らを待ち受けていたのは、想像をはるかに超える巨大な白鯨。

弄ばれるように船は破壊され、海に投げ出される船員たち。死闘の後に待っていたのは、さらなる試練だった。

右も左もわからない大海原に放り出された彼らが、死と隣り合わせの状況の中で生き抜くために下した選択・決断とは。

白鯨との闘い 感想

この映画でとにかく驚いたのは、体長30mにも及ぶバケモノクジラ。よく、小さな子供向けの絵本で、クジラが船の真下に入り、背中に船を乗せたまま海中から浮かび上がってくる...という夢のある絵が描かれていますが、まさにそれ。

20名以上も乗組員がいる捕鯨船が、まるでオモチャに見えるほど、クジラがとにかくバカでかい。デカイというより、もう見ただけで恐怖を感じるレベルです。

あいた口がふさがらなくなるほど巨大(25mプールにも入りきらない大きさ)なクジラに、捕鯨船が襲われるシーンは、生きた心地がしません。。。

また、そんな死闘を繰り広げた後にも、生き残った男たちには過酷な試練が待ち受けています。もう、その様子は、南極物語で南極に置き去りにされてしまった犬たちを見るようで、もう本当に心が痛い。


自然界で生きぬくことの大変さや、海の世界の恐ろしさが伝わる、臨場感のある迫力の映像になっています。主演は、映画「マイティ・ソー」で知られるクリス・ヘムズワース。

Prev > 母と暮せば、ファンタジーで描く親子愛と2つの悲しみ

Next > 映画 人生の約束 「無くしてから気づくことばっかりやな、人生は」

関連記事

ページの先頭へ戻る